×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



在宅ビジネス

興味を引く情報がいっぱい!!
面白い話がたくさん有ります!!

 在宅  興味を引く 面白い話 |

トピックス

寝ながらでもできる在宅ビジネス

資本不要でできる宝探し!

長蛇の列の空港税関をスイスイ通過する方法
悪徳保険代理店の手口

カテゴリー


ビジネス

在宅ビジネス

興味を引く話

面白い話

 未成年者だけが使える借金の踏み倒し方


未成年者がサラ金から借金をしたときは取り消すことが出来ます。

(民法に未成年者の取り消し権を行使して契約を無効に出来ることが示されている)

サラ金業者に対して金銭消費者貸し借り契約を取り消すという通知を内容証明郵便で送ればいいのです。

契約を取り消した時初めから無効だったとされある限度で借金を返済すればよいのです。

つまり手元に借りた金が残っていた場合などです。

それは返さなくてはいけません。

しかし遊興費などに使った場合は返済しなくてもよいのです。

嘘をついて成年だといって契約を交わしてしまえば取り消せないので注意しましょう。

未成年は契約を結ぶことの能力がない行為無能力者と見なされますので未成年者が法定代理人である親に黙ってした契約は取り消されることがあります。

サラ金等は子供の借金は親の借金だといって両親に返済をせまることがありますが、保証人になっていなければ支払い義務はありません。

但し、請求されたときに親が子供が契約したことを認めてしまうと契約が取り消せなくなります。

そう言わせようと執拗にサラ金業者はせまってきますが断固としてしはらはないということです。

尚、支払い能力のない未成年者に金を貸し付けるのはサラ金規制法の違反になりますから都道府県の貸し金業指導係に苦情を言いに行くことも大切です。






お勧めサイト

Copy rights (c) 2012 JECS All Rights Reserved